So-net無料ブログ作成

au、2009秋冬モデルあと2機種発売 [フィーチャーフォン]

昨日、auから秋冬モデルとして発売される"BRAVIA Phone U1"を紹介しましたが、その後ソニエリのサイトに、あと2機種、"S001"と"URBANO BARONE(アルバーノ バローネ)"の情報がアップされているのに気づいたので、ご紹介します。

S002.jpg
S002

S002はOSにKCP+ではなく、KCPを採用した端末となります。

どうやらW64Sの後継機の様で、海外でも利用できるグローバルパスポートGSMに対応、待ち受け画面に2カ国の時刻を表示できたり、発声機能付きの旅行会話集「TalkMan」(英語、中国語、フランス語を収録)、辞書、単位換算機能付きの電卓などがW64Sから継承されています。

デザインは丸みを帯び、女性向けで、2軸ヒンジではなくなった分、背面液晶には時刻表示やメールや着信のアイコン表示が可能になっています。

URBANO_BARONE.jpg
URBANO BARONE

次にご紹介するURBANOは、40代~50代の男性をターゲットにした、URBANOシリーズの第2弾です。昨年発売された第1弾はシャープ製でしたが、今回はソニエリ製でその名もURBANO BARONE。

外観は落ち着いたデザインで、文字入力がしやすい様にテンキーが大きめだったり、よく使うメニューだけを9項目集めたシンプルなメニュー画面になっているそうです。

更に、歩数計として専用アプリMyWalkアプリを搭載しています。これは、auの提供するRun&Walkとは異なり、オンラインサービスとの連携機能はないものの、オフラインで過去の歩行履歴を管理できるなど単体で手軽に簡単に活用できるように設計されています。勿論Run&Walkの利用も可能です。

こちらはKCP+を採用し、U1同様、最大16GBのmicroSDHCにに対応。グローバルパスポードCDMA対応なので、アメリカや韓国であれば、海外でも使用可能となっています。

やっぱり、ワタシの食指が動く端末では有りませんでした・・・。

個人的には、カメラの光学ズーム内蔵、16GB外部メモリ対応、グローバルパスポートGSM、Bluetooth、ワンセグ等全部入り端末が欲しいんですが、無理ですかね?

↓S002ハードウェア仕様
外形寸法:99×47×18.7mm(高さ×幅×厚さ)
重量:約113 g
連続通話時間:約220分(GSMモード設定時:約160分)
連続待受時間:約310時間(GSMモード設定時:260時間)
メインディスプレイ
・タイプ:TFT透過型液晶最大約6.5万色相当フルワイドQVGA
・解像度:240×432pix
・サイズ:約2.7インチ
カメラ
・撮像素子:CMOS
・有効画素数:319万画素
データフォルダ容量:約70MBまたは2,000件
外部メモリ:microSD(最大2GB)

↓URBANO BARONEハードウェア仕様
外形寸法:約108×50×16.3mm (幅×高さ×厚さ/暫定値)
重量:約130g (暫定値)
連続通話時間:(検討中)
連続待受時間:(検討中)
メインディスプレイ
・タイプ:TFT透過型液晶最大約26万色相当フルワイドVGA
・解像度:480×854pix
・サイズ:約3.0インチ
サブディスプレイ
・タイプ:有機EL
・解像度:128×36pix
・サイズ:約0.9インチ
カメラ
・撮像素子:CMOS
・有効画素数:514万画素
データフォルダ:約360MB
外部メモリ:microSD(最大2GB)/microSDHC(最大16GB)

■ニュースリリース
グローバルパスポートGSMなど多彩な機能を搭載した「世界最小(*)」ワンセグケータイ『S002』の発売について
http://www.sonyericsson.co.jp/company/press/20091019_s002.html

■ニュースリリース
使いやすさとともに上質なデザインを求める大人のための『URBANO BARONE』の発売について
http://www.sonyericsson.co.jp/company/press/20091019_urbano_barone.html




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1